【夏にぴったり】イトヨリのセビーチェ

管理人のプロフィール

三浦 愛
一生幸福でいたいなら釣りを覚えなさい』という教えを頑なに守っている魚ガール。同じように魚が好きという方の人生を豊かにする【魚コンシェルジュ】になれるよう【釣る、観察する、食べる】を日々奮闘中!Facebook静岡フィッシング倶楽部の管理人であり静岡県焼津市の地域おこし協力隊でもあります。

こんにちは!

暑くなってきましたねー!
この時期になると毎回ワクワクが止まらない愛です!

 

今回はそんな暑くてちょっとだる〜い日にぴったりなレシピのご紹介!

 

イトヨリのセビーチェです!

 

セビーチェってなんぞ?

セビチェ(ceviche, cebiche, sevicheなど:スペイン語発音: [θeˈβitʃe], [seˈβitʃe])とは、ラテンアメリカで食べられる魚介類のマリネである。ペルーやメキシコなどの名物料理。

ウキペディアから抜粋してまいりました!

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/セビチェ
だそうです。

わたしはセビーチェを大学の時に働いていたマハナというレストランで教えていただきました。

使っていた魚は真鯛。

本日はイトヨリなので白身魚という点では共通ですが、合うでしょうか!?実験!

 
まず、毎度お馴染みの角上魚類さんからイトヨリを仕入れてきました!

  

この色!惚れ惚れするくらいキレイですよね!!

 

ヒレもステキ!

 

 

どうしたらこのセンスの良いコントラストになるのでしょう?

 

皮を剥いでもこの鮮やかな黄色は残るんですねー

イトヨリはお刺身と同じように切っておきます!

 

セビーチェの材料

•レモン
•ミニトマト
•アボカド
•塩、コショウ
•イタリアンパセリ
•輪切り唐辛子

 

作り方

①アボカド、ミニトマトは一口大に切る。
②刺身、アボカド、ミニトマトをボールで合わせ、たっぷりレモン汁を絞る。
③塩、コショウで味付け。
④ガラスの器など夏っぽいものに装い、刻んだイタリアンパセリ、唐辛子で盛り付ける。

どうでしょう!?簡単でしょ!?

簡単なんですけど、食卓がオシャレ〜に変身しちゃいます!!

色んなお刺身が合うのでチャレンジしてみてくださいね^_^

 

付け合わせはクラゲの中華風!

パック入りのクラゲを購入!

20分くらい真水で塩抜きをして、千切りにしたキュウリ、ダイコンと合わせる。

塩、胡麻油、ぽん酢で味付け!

イトヨリのアラのお味噌汁を添えて

 

いただきまーす!

 


愛でした!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA