【神津島のお魚】贅沢!お刺身の盛り合わせ

管理人のプロフィール

三浦 愛
一生幸福でいたいなら釣りを覚えなさい』という教えを頑なに守っている魚ガール。同じように魚が好きという方の人生を豊かにする【魚コンシェルジュ】になれるよう【釣る、観察する、食べる】を日々奮闘中!Facebook静岡フィッシング倶楽部の管理人であり静岡県焼津市の地域おこし協力隊でもあります。

こんにちは!愛です!

 

今回は神津島遠征で釣れた魚を料理しましたのでそのご紹介をします!

 

【釣り人のロマン】神津島遠征に行ってきました!

 

持ち帰ってきた魚はこちら

チカメキントキ
ヒメダイ
イシガキダイ
イサキ
アカイサキ
カサゴ

 

釣ったその日に下処理(ウロコと内臓を取り除く)をしておきます!

キッチンペーパーに包んで冷蔵庫で寝かせます!

寝かせた魚はタンパク質が分解しアミノ酸が増えて甘みが増します♥

今回はそれぞれの魚の味を食べ比べました!

イシガキダイ、チカメキントキ、アカイサキ、ヒメダイ、イサキを三枚下ろしにして皮を剥ぎました。

捌いてしまうと見分けがつきにくい、、。

 

豪華な盛り合わせが出来上がりました!

手前中央から時計回りにチカメキントキ、ヒメダイ、アカイサキ、イシガキダイ、イサキです。

味はというと、イシガキダイ、チカメキントキは甘みが強いです。私的にチカメキントキのお刺身が一番好きです!

アカイサキは歯ごたえを味わう感じ。コリコリとした良い歯ごたえです!

ヒメダイはさっぱりとして歯ごたえが少しあり。どの料理にしても良さそうな感じです。

イサキは柔らかく甘みがある、安定の美味しさです。

 

 

ヒメダイは皮を剥がずに湯引きしてみました!

湯引きの方法

①ウロコを取り三枚下ろしにしたヒメダイをキッチンペーパーで包み、まな板に乗せる。

②まな板を斜めにしてシンクで熱湯を皮の方にかける。

③氷水で締める。

④刺身と同じように切る。

⑤いただきます!笑

 

これが

 

こうなります!

 

 

このヒメダイの湯引き、せっかくキレイに盛り付けをしたのに写真を撮る前に食べちゃいました。不覚!!!笑

私が魚釣りが好きな理由は食べれるからということが8割を占めています。

お店に出回らないような面白い魚を食べることが出来るのは釣りの醍醐味ですよね!

これからもどんどん面白い魚を料理していきたいと思います!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

愛でした!

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA