【色んな意味でディープ】戸田深海魚祭に行ってきた

管理人のプロフィール

三浦 愛
一生幸福でいたいなら釣りを覚えなさい』という教えを頑なに守っている魚ガール。同じように魚が好きという方の人生を豊かにする【魚コンシェルジュ】になれるよう【釣る、観察する、食べる】を日々奮闘中!Facebook静岡フィッシング倶楽部の管理人であり静岡県焼津市の地域おこし協力隊でもあります。

こんにちは!愛です。

いつもたまたまイベントを見つけては急行する私ですが、夜中ネットサーフィンをしていると、面白そうなイベントを発見してしまいました!

【戸田深海魚祭】

ディープなイベント♡

11月19日開催

明日(時間的には今日)やん!!

…と計画性のないまま家を飛び出し、お昼くらいに沼津市戸田村に到着。

とりあえず行き着けの深海魚料理屋さんで定食を食べます。

魚重食堂さんhttps://m.facebook.com/uoshigeshokudou/

の深海魚刺身定食と深海魚天ぷら定食。

深海魚も美味しいのですが、なんと言ってもここのイカの塩辛が美味いのです!!塩辛好きはきっと唸ると思う!

お腹いっぱいのお腹を引きずりながらお祭りの会場へ。会場は戸田漁協製氷工場。戸田の港はぐるっと海を囲んでいる素敵な港です。

夏は海水浴場もあるので色んなレジャーが楽しめます。囲まれているので海も穏やかです。大学時代は良く釣りに来たものです。

さて、そんな戸田といえばなんと言ってもタカアシガニが有名!

お祭り会場にあったヘダトロールという可愛らしい建物の中には…

タカアシガニの甲羅で作られたお面がたくさん飾られていました。

ヘダトロールの外は可愛らしい壁絵が。絶対フォトジェニック狙ってる(笑)

お祭りは事前に予約も出来ますが(500円)、当日券(800円)も販売していました。

この深海魚祭は変わったお祭りで『深海魚撮影会』というものが。

時間になるとGoという合図でワラワラとお客さんが深海魚が置かれた机の周りに集まり撮影会が開始されます。

駿河湾ならではの変わった魚ばかりです。全体的にお茶目な顔の魚が多いですね(°▽°)私の推しメンはギンザメ!

サメとは名ばかりで遠い遠い親戚くらいの感じ。古代魚と言われております。ロマンですね〜(*゚∀゚*)

ウロコは無く、ごく稀に食用として流通するようです。背びれには毒があるので気をつけないとですね(ノД`)

先ほども申した通り戸田といえばタカアシガニ!さすが!タカアシガニのタッチプールが!!モデルのカニ達がスタンバっております。

タッチプールのレベルがハンパない(笑)

可愛いからといって連れて帰っちゃいけませんって。

サメの解剖ショーも。大学生、頑張ってました。大学生達になんだかとても親近感を感じました。

水族館でしか見られないような変わった魚を目の前で観ることが出来て、触れて、しかも撮影まで出来ちゃう!貴重な経験が出来ます。

特に子供達は見たこともない魚達をグワッと掴んで『これなに?』と、海洋系の大学生達に質問していました。こうやって魚に興味持っていくんだなぁと思うとイベントって大事だなと感じた爆風の戸田港でした。

グルメも!

 

サザエの塩茹で。1つ100円也。一瞬で食べてしまうくらいの美味しさ!

漁協でお買い物もおススメ。変わった魚が購入できますよ!

ディープな戸田、一度は訪れることをオススメします!

爆風の中、釣りをしましたがボーズだったのは内緒です(*゚∀゚*)

 

愛でした

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA