【ボート釣り】静岡焼津沖でタチウオ、デカアジ

管理人のプロフィール

三浦 愛
一生幸福でいたいなら釣りを覚えなさい』という教えを頑なに守っている魚ガール。同じように魚が好きという方の人生を豊かにする【魚コンシェルジュ】になれるよう【釣る、観察する、食べる】を日々奮闘中!Facebook静岡フィッシング倶楽部の管理人であり静岡県焼津市の地域おこし協力隊でもあります。

こんにちは!愛です!

やっと二連発のデッカな台風が通り過ぎ、秋晴れな11月初日となりました。台風が来ると一気に季節が進んでしまうような気がします。

そんな台風のおかげで釣りに行けず、釣りに行っても逆に悶々としてしまう訳の分からん状態が続いておりました。

『明日の夕方船どう?』と、ちょっと買い物付き合わないかくらいの誘いが来て(友人に)便乗して乗せてもらうことになったプレジャーボート。

プレジャーボートは、『はなまる』という有名な釣りエサ屋さんの社長が乗せてくれました。

http://hanamaru-yaizu.com

焼津小川港から出てすぐ釣り場に到着。近所で釣りする感じがステキ!

富士山も大崩も焼津港も独り占めできます。(1人じゃないけど)

いつもニコニコ(ニヤニヤ)!最近雨の日釣行が多かったので、久々お天道様の下でテンション高めです٩( ᐛ )و

狙いは居付きのデカアジ!

平均水深25m。魚探を見ると底から3mくらいに反応が出てます。

家から引っ張り出して来たタックル、テンヤロッドにPE1.5号が巻いてあるシマノバンキッシュでアジ釣り。笑

そのままタチウオに使えます。

仕掛けはサニーカゴSに天秤、オモリ20号、ハリスは1.75号の一本針。

コマセを撒いて魚をおびき寄せること数投。

景気の良いアタリが!

この子。レンコダイの幼魚?

だけど、背鰭の2.3棘長くないか??幼魚だからなのかな?詳しい方コメントください。

ちょっと針が小さいようでうまくかからない!

針をチェンジすると

デカアジ!!

アタリがあることだけで嬉しいのにこのサイズのアジが釣れてくれるのは感動(о´∀`о)

デカアジの群れは早々にいなくなり、中型のアジの群れに!

アジに興奮笑

夕飯楽しみ!

あっという間に日は暮れ、アジのアタリもなくなったのでタチウオスポットへ。

渋いタチウオに遊ばれる

今度は水深60mのポイント。港は目と鼻の先。

清水のイシグロで働いていた頃、船釣り担当としてオススメしていた『ライトタチウオ釣り』を今回は試してみます。

ライトタチウオ釣りとは…三又サルカンにハリス、針、オモリだけ!水中ライトも天秤も付けず、ライトタックルで挑む釣りです。エサはサンマの短冊。渋い時にはより効きそうな釣り方です。

反応は20m付近、50m付近に影がある感じ。

とりあえず底から探ってみましょう。

20号でも余裕で底が取れる!釣り易い日だなぁとニヤニヤ(о´∀`о)

50m付近を通した時にゴソゴソっという小さなアタリ。

合わせを入れることなく終了!

『エサは食われるのに…』

ここからゲキ渋タチウオ釣りの始まり始まり!

反応のあるタナ付近を丁寧に探っていきます。

するとまたゴソゴソというアタリが。今度はちょっと待ってみよう。

仕掛けを張りすぎず、緩めずをキープして丁寧に食わせていきます。

コゴッというアタリに変わった!でもまだ針まで口が到達していないかもしれない。このゲキ渋の中で貴重な一匹を逃すのはヤバい…

とりあえず待ってみる。その間4分ほど。

ライトタックルは小さなアタリまで見逃さないのが利点。こういう渋い時に力を発揮する…はず。

と、そんなことを考えていたか考えていなかったかはさておき、またゴンっというアタリが。

もういいだろう!と、合わせを入れてみると!

やったー!!掛かった!

バラさないように巻いて無事にタチウオゲット!

指3本くらいでしたが、嬉しさはものすごいタチウオです(笑)

そのあともゲキ渋。アタリは2、3回もらいましたが終了!!

でもほっこりな釣果(о´∀`о)

このアジの大きさ!!サバサイズ笑笑

癒しの釣りでした!

アジは醤油と生姜でタタキに!

タチウオは短冊に切ってミニトマトと味噌和えに。

蒲焼きも作りました!

御馳走さまでした!

 

ちょこっと出演してます!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA