磯遊びで色んな生物と出会えちゃう2

管理人のプロフィール

三浦 愛
一生幸福でいたいなら釣りを覚えなさい』という教えを頑なに守っている魚ガール。同じように魚が好きという方の人生を豊かにする【魚コンシェルジュ】になれるよう【釣る、観察する、食べる】を日々奮闘中!Facebook静岡フィッシング倶楽部の管理人であり静岡県焼津市の地域おこし協力隊でもあります。

こんにちは!愛です!

今回テーマは前回に引き続きコミィ先生の磯生物観察の授業です!

前回の記事はこちら!

【のんびり生物観察】磯採集でお勉強の巻

こんにちは、コミィです!②

前回は磯にいる魚類やエビカニ類など一般的なものを紹介させて頂きました。

…が、それで終わらないのが磯採集。

生物多様性の縮図とも呼ばれる磯の魅力をお伝えするため、よりディープな仲間たちをご紹介。

第二部はちょっとマニアックな珍獣部門。はじまりはじまり~♪(笑)

◎軟体動物

イシダタミガイ

貝殻に石畳の様な凹凸がある小さな巻貝。時にはヤドカリ達の優良物件になることも。

 

ヒザラガイ

体を湾曲させられる様に分割した貝殻を持っていて、海面から露出した岩のくぼみに張り付いてます。

 

ニシキヒザラガイ

海中の岩に張り付いている彩り豊かなヒザラガイの仲間です。

 

メダカラ

装飾品等でお馴染み、タカラガイの仲間。夫婦で卵を守る場面に遭遇…なんとも貴重な出会いでした。(右側の貝の下に見える黄色いツブツブが卵です。)

 

アオウミウシ

わりとメジャーなウミウシ。岩場をのんびり歩いてる姿をよく見かけます。

 


キヌハダモドキ

キヌハダウミウシという橙色のウミウシがいて、それのソックリさん。何処からか愛さんが拾って来ました。(笑)

 

クロシタナシウミウシ

シックな黒いフリルスカートが可愛いウミウシ。大きな石の下に隠れている事が多い様です。

 

オトメウミウシ

乙女感は伝わりませんが、全長1.5cmくらいの小さくて可愛いウミウシです。

 


オカダウミウシ

もっと小さいウミウシ。もはや謎の赤い点。(笑)

 

オカダウミウシ(拡大)

肉眼だと見えませんが、ズームすると一応ウミウシなんです…はい。

 

マダラウミウシのペア

岩の隙間で遭遇。こちらは産卵間近か?!

◎刺胞動物

ミナミウメボシイソギンチャク

オレンジ色の体に触手の先端がピンク色、小さくてオシャレなイソギンチャク。

アカクラゲ

岩場に漂っているのを愛さんが発見!綺麗だけど一応有毒、触るな危険。

◎棘皮動物

イトマキヒトデ

磯でよく見る五角形のヒトデ。

チビイトマキヒトデ

標準和名に「ちび」って名付けられた全長1cmくらいのヒトデ。これで大人です。

ウニもいろいろ

左からアカウニ、ムラサキウニ、サンショウウニ、バフンウニ。愛さん御満悦♪(笑)

◎おまけ

 

ウミウシの卵

ウミウシの仲間はリボン状の卵塊を岩や海藻に産み付けます。

イソウミグモの仲間

私も初めて見ました。胴体が小さすぎて内臓器官が脚の部分に入ってるという珍獣です。

 

ミウラアイ

哺乳綱 霊長目 ヒト科。海を愛し、魚を愛する心優しき海洋生物。

 

アハハ、最後のはお見事!笑

ユーモアあふれるコミィ先生の授業いかがでしたか?

磯採集って意外と手軽に行けるんだな。というのが私の感想です。

最近はよく靴屋で見かけるアクアシューズを履いてとりあえず磯に飛び出してみる!

こんな休日の過ごし方、素敵ですよ!

身近にたくさんの生き物が生息している環境を再発見できたことがとてもうれしく思いました!

コミィ先生ありがとうございました!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA